可変インダクタを自作してみた

投稿者:footfoot 投稿日: コメント:コメントなし

マイクロインダクターとトロイダルコアで可変インダクターを自作

最近コイル(インダクタ)が面白くていろいろ実験してたら、可変インダクタが割と簡単に自作できたので作り方を紹介します。

可変インダクタは市販のものもあるけど種類が少なくて選べる値(ヘンリー、インダクタンス)も限られてるので、自作できれば電子工作の幅がも広がるかも。

原理は市販の可変インダクタと同じで、磁束力の高いフェライトコアをくっつけたり離したりすることでインダクタンスを変化させてます。

使った材料

  • 39mHのマイクロインダクタ (直径4mmぐらい)
  • トロイダルコア (外径10mm 内径5mm 全長5mm)
  • セロハンテープとホットグルー

ポイントはマイクロインダクタとトロイダルコアを組み合わせてるところで、口径が合ったものを入れるとインダクタンスが上がります。

自作可変インダクタの材料。マイクロインダクタとトロイダルコイル

▼何もしないと39mH。トロイダルコアを入れて真ん中に合わせると75.9mH。2倍近くインダクタンスが上がりました。

マイクロインダクタのインダクタンスを測定 マイクロインダクタにトロイダルコイルを入れてインダクタンスを測定

▼可変インダクタにするにはトロイダルコアが影響しない位置までの土台が必要なので、セロテープを巻いてグルーガンで透明のグルーを注入。

可変インダクタの土台をグルーガンで作る

▼トロイダルコアを右にずらしていくとインダクタンスが小さくなって元の39mHになります。中途半端な位置にすると50mHぐらい。まぁ悪くない出来かな。

可変インダクタをマルチメーターで計測

わかりやすいように透明のセロテープ使ったけど、もっとしっかりした滑らない素材(収縮チューブとか)使ったほうがいいね。見た目的にも。

注意点

今回は39mHの大きいインダクタだから変化が2倍になったけど、値が小さいインダクタは変化も小さかったのであんまり使えないかも。

あとインダクタの直径とトロイダルコアの穴の直径はピッタリ合ってる方がインダクタンスが上がります。スカスカだと変化が小さくなるのでサイズは合わせたほうがいいです。

トロイダルコアの厚さや長さでも値は変わると思うけど、手持ちのバリエーションがないのでよくわかりません。(´ω`;)


ちなみに..

▼マイクロインダクタを分解したらこんな感じになってました。39mHの銅線はかなり細い。芯にフェライトコアが入ってますね。

マイクロインダクタの断面。

カテゴリ : 電子工作

コメントを書く

2番目のアルファベットを入力してください vbps?