へっぽこ、ミニマル、DIY
2017-08-23 footfoot (2)

RGBカラーセンサー『S9032-02』の実験

RGBカラーセンサーS9032-02をブレッドボードでテスト
秋月電子に300円で売ってるRGBカラーセンサ S9032-02で色を感知できるかテストしてみました。

S9032-02は赤・緑・青(RGB)の感度をもつフォトダイオードが3つ並んでるだけなので、使い方は普通のフォトダイオードやフォトトランジスタと同じです。

テストの方法

とりあえずカラーセンサー付近を一定の明るさにするために下から白色LEDで光を当てて、横から光が入らないようにセンサーは適当にテープで囲いました。

んで、いろんな色のレゴブロックにRGBカラーセンサーがどう反応するか確かめます。確認のために同じ色の赤・緑・青のLEDが光るようにしました。

日中は外の光が入ってきて安定しないので日が落ちてからテスト開始。

RGBカラーセンサーS9032-02でレゴブロックの色を検知

回路図

S9032-02のテスト回路図。フォトダイオード、MOSFET、LED等を使用。

電源は5V。照明用の白色チップLEDは明るめにしたいので抵抗は120Ω。

フォトダイオードのカソード(RGB共通)は電源をつないで2.2MΩの抵抗で分圧すると光の強弱で電圧が変化します。このままだと変化の幅が小さくてNchのMOSFET(2N7000)をONにするしきい値電圧までいかなかったので、単電源オペアンプ(LM324)の非反転増幅回路で電圧の幅を広げてます。

回路図は1色分だけど同じ回路をRGB分3つ作りました。

テスト開始

▼白ブロックはRGB全部点灯。白は全ての波長が含まれてるので正常な反応。

RGBカラーセンサーS9032-02の実験。白

▼青ブロックは青が点灯。いい感じ

RGBカラーセンサーS9032-02の実験。青

▼黄緑ブロックは緑が点灯。でも濃い緑ブロックだと消灯する。う〜む

RGBカラーセンサーS9032-02の実験。黄緑と緑

▼赤ブロックは微妙に赤が点灯。感度が悪い

RGBカラーセンサーS9032-02の実験。赤

▼オレンジブロックだと赤がしっかりと点灯。赤ブロックより感度がいい

RGBカラーセンサーS9032-02の実験。オレンジ

▼黄色ブロックは赤と緑が点灯。

RGBカラーセンサーS9032-02の実験。黄色

▼黒ブロックは全消灯。ナイス

RGBカラーセンサーS9032-02の実験。黒

レゴブロックはこんな感じだったけど素材を変えればセンサーの反応も変わります。

感想

色の微妙な違いで反応しないこともあるけど、雑な装置の割にはうまく色を感知できたかな。

Arduinoで使う場合はアナログ入力があるから電圧の変化を読み取ってやればいいと思う。(適当)

でもカメラのイメージセンサーって凄いんだね。億単位のフォトダイオードにレンズまで付いてるんだから。このセンサーたったの1画素ですよ。


▼Amazonに売ってる類似品

2 コメント

#1  - purephoenix :

本当に初心者なのですが、3つをすべて合わせた回路図がありましたら教えていただけないでしょうか。

返信
#2  - footfoot :

返信遅れました・・

このセンサー回路はRGB3つとも同じ回路で、確認用LEDの色とLEDの抵抗を変更してるだけです。
LEDの抵抗値は青と緑が330Ωで赤は470Ω程度にしとけば同じぐらいの明るさになるかなと。
改めて回路図を確認する必要もないかと思いますがどうでしょう。

あ、LM324のオペアンプは4回路入りなので1個あればRGB3つ分できます。

返信

コメントを書く

最初のアルファベットを入力してください zewmx?

このコメントのRSS